よくあるご質問

雨漏りの原因はなんでしょうか?

image description

マンションや商業施設などの室内漏水は大きく分けると、雨が原因である場合と、天井裏や床下の配管設備などの劣化が原因となる場合があります。

今回は弊社へのご依頼の多い、雨漏りについてご説明いたします。

1.雨漏りの原因

一般的な雨漏りのケース

雨漏りが発生する原因には、屋上などの防水層の経年劣化、外壁の隙間に充填されているシーリング材の劣化、外壁面に発生した亀裂などが考えられます。

image description
外壁タイル目地の亀裂
image description
屋上防水層の劣化による下層階への漏水

漏水した箇所の上層部が屋上など雨を直接受ける形態である場合は、一般的には下層階の天井部から「ポタッ、ポタッ」と雨が垂れてくることが多く、屋上などの防水工事をおこなうことで解決できます。
また、外壁面などのシーリング材の破断や壁の亀裂が原因であることによる漏水は、部屋の壁面から「ジワッ」っとしみることが多くみられ、壁紙などが湿っていたりするケースが一般的です。

このような症状の多くは、一般的には大規模修繕工事をおこなうことで解決することができるのが特徴です。

特殊な雨漏りのケース

image description

特殊な雨漏りが発生するパターンとしては、台風など強風を伴った降雨時やゲリラ豪雨などの多雨量によるものが挙げられます。

台風などの強風を伴う雨については、横から壁面を叩きつけるように雨が降るため、普段のような上から雨が降ってくる場合とは違う場所からの雨漏りが発生することがあります。

代表的な例としては、商業ビルなどでよくみられる押出回転窓が取り付けられている窓で、パッキンと呼ばれる扉を閉めたときの隙間の緩衝材が劣化することにより、横殴りの雨によって内部へ水が侵入する場合があります。
このケースでは、パーツの交換ができる場合は止水することが容易ですが、規製品が廃盤となっていたり部品交換ができない場合が多くあります。
外壁改修工事が完了して足場を解体した後に、原因が違っていたために雨漏りが止まらなかったということがないよう、工事完了後は高圧洗浄機などを使って横からの雨を想定した水撒き検査などを実施し、漏水していないか検査することをお勧めいたします。

また、近年でお問い合わせを多くいただくのが、降水量が多すぎることによって雨量が既存の配管による排水量を超えることによる「オーバーフロー現象」が生じるケースです。

このケースでは、排水口内の配管清掃をおこなってゴミや泥などを清掃し、排水量を回復させることで改善される場合と、排水管の径を大きくする必要がある場合に分かれます。

image description
排水量低下の原因となるゴミや土

オーバーフローが起きている場合は水が溜まってバルコニーなどが一時的にプールのようになるため、普段の雨では起こらない場所から雨漏りすることがあり、下層階では「バシャバシャ」と天井から雨水が落ちてくることがあります。

2.雨漏りの原因を究明するために

雨漏りの原因を明らかにするためには、まず雨漏りが発生したときは雨が降っていた時なのか、または台風などの強風雨であったか、もしくはゲリラ豪雨などように一時的に降水量が急激に増加していたのか、など発生時の状況から判断し、原因を究明していきます。

そのため、雨漏りが発生した日時やそのときの状況をより細かく修理業者へ伝えることで、原因を絞り込むことが可能となるため、結果として必要最低限の工事で雨漏りを修繕することができます。