建物の外壁を修繕するときに、
「せっかくだから今までと違う色で塗ってほしいけど、なかなかイメージがわかない」
といった声を耳にすることがあります。

外壁の色は建物全体の表情を大きく左右するため、色選びは重要です。
最終的に新築時と同じ色によって塗装するのか、それとも違う色で塗装するのか、いずれにしても塗装したあと10年以内に再度、外壁を塗り替えるケースは少ないため、後悔しないように色を選ぶことが大切です。

色の選定は一般的に、日本塗料工業会が発行している色見本などを参考におこなうことが多いと思いますが、ここではその際に注意しておきたいことをご説明します。

1.壁に塗ると薄く見えます

色見本帳などから気に入った色を決め、実際にその色を使って外壁を塗装してみると、サンプルの色よりも薄く見えることがあります。
反対に暗い色の場合は、面積が大きくなるほど暗さや色が強調されてしまいます。

これは「色の面積効果」といわれ、面積が大きくなるほど明るい色はより明るく見えてしまう錯視による現象です。
色見本を手に取るときにはこのことを頭に入れておきましょう。

また、色見本は太陽の下で見るのか、室内の電灯の下で見るのかによっても変わってきます。
見る場所にも気をつけましょう。

2.原色に注意


光の三原色といわれる「青」「赤」「緑」。
鮮やかなこれらの色を使って外壁を塗装した場合、経年劣化による色あせが非常に目立ちやすいため注意しましょう。

3.サンプルの大きさ

見本帳を使って選んだ色については、その色の見本板を業者に頼んで取り寄せてもらいましょう。

見本帳は厚紙でできていて見本色についても小さく載っているのに対して、見本板はA4サイズと大きめで、実際の塗料を使用したカットサンプルなどもあります。
また、色だけでなく仕上がりの際の艶(つや)毎に何種類か頼んでおくことで、艶の有り無しも含めて比較検討することができます。

サンプルは何色選んでも、基本的にはメーカーから無料で取り寄せることが可能です。

4.試験施工

塗装色について、より具体的にイメージをつかむための手段のひとつに試験施工があります。
実際に塗装する予定の壁などに対して、試験的に何種類かの色を使って施工をするというものです。

施工業者によっては試験施工に対応してないところもあるかもしれませんが、見本板で見るよりもイメージがつかみやすいため、お願いしてみるのもよいと思います。

5.散歩にでかけましょう


どの色にしたらよいか悩んでしまい、なかなか決められずに困ってしまったときは、現地の建物近辺を歩いてみるのもよいかもしれません。

街の中を歩いているとさまざまな種類や色の建物が目に飛び込んできます。
また、他の建物や自然の色合いなどが、その街の景観として目に映ります。
そういった景色なども参考にして塗装色を決定するのもひとつの方法です。

気に入った色の建物が見つかったときは、その建物の場所を業者に教えてサンプルを依頼するのもよいでしょう。

6.カラーシミュレーション

「気になる色が見つかったけど、イメージがわかない」
そんなときは、カラーシミュレーションソフトを使っていくつかのパターンを作成してもらうことで全体像をつかむことができます。
今までの色から大胆に変更するときや、複数の色を使い分けて塗装をおこなうときなど、カラーシミュレーションによって事前に全体像をイメージしておくと色選びに役立ちます。

ただし、カラーシミュレーションはパソコンで作成しているため、色合いや色の組み合わせの参考程度にとどめておくのがよいと思います。

カラーシミュレーションによって色の方向性がある程度決まったら、見本帳やサンプル板、試験施工などの方法によってより具体的に絞り込んでいきましょう。

おすすめの記事