外壁のひび割れや汚れなどが目立つようになってきた建物。

外壁塗装をすると、建物はキレイになります。
塗料を塗って美しくするという意味では、外壁塗装はDIYのペンキ塗りぐらいに感じるかもしれません。
ペンキ塗りでなぜそんなに費用がかかるのか疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

しかし、外壁塗装はDIYのペンキ塗りとは違います。
この記事では、外装塗装で重要となる下塗りの話を交え、その理由をお伝えします。

1.外壁塗装の重要性

建物の保護に重要な外壁塗装
DIYのペンキ塗りは、かつての日曜大工でお父さんが行っていたイメージから、最近では若い女性や主婦が自宅の家具やインテリア雑貨などをお洒落にアレンジするために行うなど、広がりを見せています。

DIYのペンキ塗りの目的は、主に美観などの見栄えをよくするために行います。
しかし、マンションなどの建物への外壁塗装は美観の向上だけを目的とはしていません。

雨や風、太陽光の紫外線、夏や冬の気温の変化。
自然環境が与える建物へのダメージによる劣化から守る目的が外壁塗装にはあります。

外装塗装が必要な理由として、外壁が受けるダメージとして水による影響が挙げられます。

外壁材には断熱機能がありますが、防水する役割がほとんどありません。
そのため、外壁材の劣化を抑えるためには、防水機能を与える塗料を塗る必要性があります。
また、防水機能だけでなく、自然から与えられる猛威に対応する耐候性を備えることも必要です。

外壁にひび割れなどが起こる理由は、大地震などによる激しい揺れに伴う衝撃などももちろんありますが、その一方で外壁自体の防水機能や耐候性が衰えてきたことを知らせてくれるサインでもあります。

外壁塗装は単に美観を整えるという目的だけでなく、経年劣化で衰えてしまった防水機能や耐候性を取り戻す役割があります。

2.下塗り塗装の重要な役割

塗装の土台となる重要な下塗り工程
外装塗装は一般的に「下塗り」「中塗り」「上塗り」の3工程で行われます。

その中で、下塗りは外壁塗装の見栄えには直結しませんが、塗装の基礎部分であり、土台となる重要な工程です。

下塗りでは、中塗りや上塗りとは違う機能・成分の塗料を使用します。
下塗りは、外壁材と仕上げ塗料との接着力を高めるという重要な役割を担っています。

下塗りを行うことで、サイディングボードやモルタルなどの外壁材と、中塗りや上塗りとして塗り重ねていくの塗料を密着させる効果を高まります。
この接着が弱い場合、中塗りと上塗りの塗料が安定しないため、塗料が早期に剥がれてしまったり、耐久性を損なうなどのトラブルに繋がってしまいます。
また、下塗りには塗料の染み込みを防ぐ役割もあり、外壁材に中塗りと上塗りを直接行うことによる塗料の気泡や塗りムラなどのマイナス要因の発生を防いでいます。

外壁塗装の主な下塗り塗料の種類は「シーラー」「プライマー」「フィラー」です。

外壁塗装の下塗りでは、上記の3種類の中から、状況に合わせて最適な塗料を選ぶことになります。
例えば、シーラーには水性タイプと油性タイプがありますが、水性タイプのシーラーはコンクリート、モルタル、石膏ボードなどの外壁材にしか使えないなど、タイプによっても使用範囲が変わってきます。

最適な下塗り塗料の選択については、業者に確認し、アドバイスを受けましょう。

3.最後に

塗装で保護された建物
外壁塗装は、築年数の経過で防水性や耐候性が減少してしまった建物の機能を回復させる重要な工事です。

また、DIYでは行わなくても許される下塗りは、塗装の土台を強固なものにする大切な工程ですので、しっかりと業者に確認し、正しい処置で建物を保護しましょう。

おすすめの記事