新着記事

外装修繕する期間や周期に費用などお家やマンションの疑問を解決します

入居時に50年は耐久保証されているマンションも増え、キレイな建物も観られます。
しかし、時間とともに劣化はゆっくりと進行しています。

例えば、・コンクリート内部の鉄筋が錆びて表面を突き破る
・外壁の塗装が剥がれ落ちる
・屋上やベランダの防水シートが破れて雨漏りするこのような問題は生活に支障が起こってからでは、大きなコストと急な対応に時間や期間が割かれてしまいます。修繕する周期や時期を逃すことも得策ではありません。

そのため、居住性を維持し、低下していくマンションの資産価値を損なわないようにするために、修繕積立金の状況と合わせながら長期的な視点で改修工事を計画していく長期修繕計画も必要です。

建物の長期修繕の対象となる外装塗装や屋上防水といった工事は、場所ごとで寿命も異なります。
それぞれの材料の寿命ごとに工事を行うことになれば、その都度足場を組み立てる必要が生じて費用(コスト)も膨らんでしまいます。

マンション全体に足場を組み立てる大規模修繕工事は、約10~15年ごとに実施することが良いと、一般的に会社(施工業者)に言われている管理組合やオーナー様も決して少なくないかもしれません。
また、見積もりや価格表を取り寄せてみたものの、相場などが分からず、工事の細かいところまで知らないオーナーの方にとっては、どこまで工事を安く済ませていいものか、どのような工程で工事が進行していくのか、などの基礎知識が少ないと大変です。

そのため、このブログでは、大規模修繕や外壁塗装に防水工事 、補修工法や雨漏りなどに困っている方に対して有益となる情報を発信し、ご自身で修繕工事を行う際の判断の基準として把握できるよう記事を提供していきます。

資産価値を高める修繕・リフォームのシミュレーション

外壁塗装業者や防水工事業者に修繕やリフォームを依頼をする際に、シミュレーションを行ってもらい、費用などを計算してもらった上で見積もりを出してもらい、工事を始めることになりますが、修繕が終わった際に見積りと違う金額などを提示されるなど、悪徳な業者もあるといったことを聞きます。

そんなトラブルに合わないよう優良業者と契約するためには、流れ作業で契約を進めず、しっかりとした知識を持つことをオススメします。

また、居住者・オーナーの方のマンションに対するご要望を集約して、駐車場・駐輪場のバリアフリー化やゴミ置き場を改善したり、外壁やサイディングに新しい素材を検討したり、種類豊富なカラーリングの色合いから選択したりなど、修繕により積極的にかかわることで、例え建物のコンサルタントをお願いしなくても、建物はイメージアップし、居住者に合わせた住生活空間・移住性の向上に繋がって資産価値がアップすることにも繋がります。

修繕の際に感じる数々の疑問やノウハウについて、口コミサイトランキングにも載っていないような情報についても、余すところなくお伝えします。