クラックや錆から見る塗り替え時期のサイン

外壁塗装のサイン

塗り替え時期のサインは
簡単に分かります

こんな症状が出たら塗り替え時期のサインです

1.雨漏りしている

雨漏りをしている場合、屋根、外壁のどこかが壊れています。原因の部分をしっかりした修理と塗り替えが必要です。塗装はそういったことが起きないようにするための保護膜です。

2.外壁でこんな症状を見かけたら

手でこすってみて

チョーキング

手で外壁をこすった時手に粉がつくようであれば塗膜は劣化していると言えるでしょう。この現象をチョーキングと言います。

クラック(ひび割れ)

外壁クラック

外壁は地震や日々の挙動によってクラックは起こります。クラックをそのままにしておくと水が入り躯体を痛めてしまいます。大きなクラックや大量にある場合塗り替えの大きなサインです。

コケが生えている

コケ、藻

コケや藻が大量に発生している場合外壁劣化のサインです。塗料は防カビ、防藻性の機能をもっています。激しいコケや藻の発生は経年劣化が想定されます。


3.鉄部・木部・雨樋でこんな症状を見かけたら

錆が出ている

鉄部錆

錆の発生は完全に塗膜の機能を失っています。本来塗膜により鉄部の表面をコーティングしていますが、錆の発生は塗膜の劣化により起きています。

剥がれている、むけている

木部剥がれ

木部は塗膜が剥がれていたり、含浸タイプの塗料が塗られていても経年により劣化してしまいます。木部の表面がむき出しになっていないか、腐食をしていないかをチェックしましょう。

色あせた、色が変わった

樋退色

雨樋は表面が劣化が劣化し変色や退色が起こります、劣化がひどくなった場合は割れやすくなります、塗装により保護します。


会社情報 お問い合わせについて